足のむくみに悩んでいる方へ

むくみとリンパは本当に関係する!?

むくみとリンパは本当に関係する!?

むくみで悩まされている女性はたくさんいます。むくみは外見にも影響を与えるので、どうにかむくみを解消したいと思われる女性は多いですよね。
そのためにはむくみの原因をしっかり理解しなければなりません。

 

むくみの原因としてしばしばいわれるのが「リンパ」ですが、そもそもリンパとはいったいどういうもので、私たちの体でどのような働きを担っているのでしょうか。

 

ここではリンパについて解説するとともに、むくみとリンパの関係についてご説明していきます。

 

 

 

むくみの原因「リンパ」「静脈」

私たちの体には血液とリンパ液が流れています。血液は静脈と動脈に分類され、心臓から出ていく血液が動脈であり、心臓に戻る血液が静脈です。

 

細胞周囲の水分のことを組織液といい、この水分量が多い状態がむくみです。
動脈からしみ出した組織液は、静脈を通って再度心臓へ戻りますが、
心臓へ向かって流れる静脈やリンパ管の流れが滞り、流れる量が少なくなると、相対的に組織液の量は多くなり、むくみが生じます。
したがって、静脈とリンパ管の流れが滞ることがむくみの原因だといえます。

 

 

 

リンパとは

リンパは主に、リンパ液の流れる「リンパ管」と、リンパ液を集めて濾過する「リンパ節」というフィルターのような役目を果たしているものから構成されます。
リンパは、血液と異なり心臓のようなポンプはなく、筋肉の動きに促されて体内を移動します。

 

 

リンパの役割

リンパはヒトの免疫機能に大きくかかわっています。
からだ全身にはりめぐらされたリンパ管に流れるリンパ液には、タンパク質や白血球などが流れており、これによって、私たちのからだは病原菌やウイルスなどと闘うことができます。

 

また、リンパ液は血液中の有害物質や老廃物などを回収しています。それらの有害成分がそのまま血液中に戻って全身へと広がるのを防ぐために、フィルターのような網目のリンパ節があり、リンパ液を濾過して感染やがんなどが全身へ広がることを抑えています。

 

このような重要な働きを担っているため、逆に、リンパ節にがん細胞が転移してしまうと、がん細胞はリンパ液に流れて他のリンパ節で増殖し広がってしまうので、リンパ節を除去しなければなりません。

 

リンパ節を除去することにより、リンパの流れは悪くなってしまうので病的要因によるむくみの原因となります。

 

 

リンパ節ってどこにあるの?

リンパ液を集めて濾過する役目を担っているリンパ節ですが、驚くべきことに体内に約800か所もあります。

 

主なリンパ節は以下の通りです。

 

  • 耳下腺リンパ節(耳の下)
  •  

  • 顎下リンパ節(顎の下)
  •  

  • 頸部リンパ節
  •  

  • 鎖骨リンパ節
  •  

  • 腋下リンパ節(脇の下)
  •  

  • 鼠径リンパ節(太ももの付け根)
  •  

  • 膝窩リンパ節(膝の裏)

 

 

 

リンパの流れをよくするにはどうしたらいい?

リンパの流れをよくすることで、老廃物などは除去され、血液中にはタンパク質などの必要な成分がいきわたります。リンパの流れをよくすることが美容にいいとされているのも、これらの効果が期待できるからです。

 

リンパの流れをよくする方法をいくつかご紹介します。

 

  • マッサージ
  • やはり最もよく知られている方法はマッサージです。リンパ節を刺激することは、リンパ管の働きを活発にするのに効果的だと言われています。
    リンパの流れに沿って、リンパ節に向かってマッサージをしていくことにより、リンパの流れをよくします。

     

  • 適度な水分補給
  • リンパ液は水分でできています。適度な水分補給をしっかりと行うことで、リンパの流れが滞るのを防ぎます。最低でも1リットルは摂取するようにしましょう。
    また、水分を補給することで便秘も防ぐことができます。

     

    冷たいお水を一度に摂取してしまうとからだを冷やしてしまうため、常温のお水や白湯を飲むようにしてください。

     

  • 適度な運動
  • 血液は心臓がポンプとなって循環させる機能がありますが、リンパはポンプがありません。リンパの流れを促す筋肉の収縮を高めることが、リンパの流れをよくすることにつながります。

     

    ストレッチやウォーキング、水泳、ヨガなど軽めの運動がおすすめです。

     

  • 体を温める
  • からだの冷えはリンパの流れの滞りにつながります。
    入浴などでからだを温め、結構をよくすることでリンパの流れもよくなります。
    浴槽に入るのが一番いいのですが、時間がない場合はリンパ節の部分だけでもシャワーで温めると効果が期待できます。

     

  • 食生活の見直し
  • 緑黄色野菜や豆類、海藻類、魚介類はリンパの流れをよくする食べ物と言われています。
    これらは、ビタミン、ミネラル、タンパク質などを豊富に含むとされています。

     

    偏った食事に気を付けてバランスのよい食事を心がけましょう