足のむくみに悩んでいる方へ

妊娠中に足がむくみやすくなるって本当?

妊娠中に足がむくみやすくなるって本当?

男性と比較すると、むくみで悩む女性の割合は多いとされていますが、むくみは妊娠中の女性の悩みでもあります。

 

なぜ妊婦はむくみやすいのか、いつからむくみはじめるのか、などむくみの原因と対策、妊娠高血圧症候群との関連性についてこちらで説明していきます。

 

 

 

なぜ妊娠中にむくむの?

足のむくみの原因は、通常、血液を送り出すポンプの役割を担っている足の筋力低下や、アルコールや塩分の摂りすぎ、からだの冷えなどにあります。

 

妊娠中のむくみも同様に、これらが原因であることもありますが、妊娠している女性特有の原因もあるのです。

 

 

血行不良

おなかのなかの赤ちゃんがどんどん成長し、大きくなるにつれて、子宮は圧迫されていきます。
子宮が圧迫されることで、下半身全体の血流やリンパの流れが悪くなり、余分な水分や老廃物がたまりやすいため、足がむくんでしまいます。

 

ホルモンバランスの変化

女性特有のホルモンとして、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。
これらのホルモンは通常バランスを保っていますが、妊娠により両者のホルモンのバランスが変化することでむくみが体に表れます。

 

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • エストロゲンは女性らしいからだにするホルモンで、妊娠に備えて子宮の内膜を厚くするなどの働きを担います。また、エストロゲンはナトリウムを溜めこみ、体内に水分を溜めこむ方向に働きます。

     

    妊娠が成立するとエストロゲンの分泌量は出産まで増加するため、分泌量増加に伴って体は水分を溜めこみ、むくみが生じるのです。

     

  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)
  • プロゲステロンにも水分や栄養分を溜めこむ働きがあります。妊娠中は胎児へ栄養を送るため、プロゲステロンの分泌量は増加し、母体に水分と栄養分を保持します。
    よって、プロゲステロンの分泌量増加もむくみに関係しているといえます。

 

 

血液量の変化

妊娠中にはおなかの中の赤ちゃんへ血液を送り、栄養分を供給することから、血液量も増えます。血液中の水分量も通常より増えるため、よりむくみやすいからだになります。

 

 

 

いつからむくみが表れる?

妊娠にともなうむくみは、特に妊娠後期で表れるといわれていますが、近年では、冷え症の女性の増加やデスクワークや立ち仕事などの女性が多いことから、妊娠中期でもむくみを感じるひとが増えてきました。

 

妊娠中期のむくみ

安定期を迎えても、おなかが大きくなるなどの見た目の変化はまだあまり表れません。しかしながら、妊娠中のからだの中では女性ホルモンの分泌量が増えてホルモンバランスが変化したり、血液量も増加しています。そのときに、妊娠前と同様の日常を過ごしていると、からだのむくみは目に見えて表れるようになります。

 

妊娠後期のむくみ

妊娠後期になると、見た目にもおなかの赤ちゃんが大きくなっていることがわかり、実際に重さも下半身にかかってきます。特に、リンパ節のある太ももの付け根も圧迫されリンパの流れが悪くなるため、足のむくみがひどくなります。

 

 

 

妊娠中でもできるむくみ解消方法

妊娠中のむくみは多くの妊婦さんにみられますが、「妊娠にむくみはつきもの」とあきらめないでください。
妊娠中でもむくみを軽減する方法はたくさんあります。

  • 運動
  • 激しい運動は必要ありません。日々のウォーキングなど軽い散歩でも足の筋ポンプの働きを促すことができます。

     

  • マッサージ
  • ふくらはぎをマッサージするだけでも、血液やリンパの流れを促し、むくみを解消することができます。
    無理な体制は禁物ですが、できる範囲でマッサージをしてむくみを解消しましょう。

     

  • 食生活
  • 塩分の摂りすぎはむくみの原因になります。塩分を控えた食事を摂るようにしましょう。
    バランスのよい食事も大切です。

     

  • 冷え対策
  • 妊娠中は血液が子宮に集中してしまうため、熱が下半身に届かず、冷え症となってしまうことが多いです。
    冷えもむくみの原因になりますので、入浴で足を温めたり、下半身を冷やさないようにひざ掛けなどを活用しましょう。

     

    また、体を冷やすような食べ物を避け、体を温めるような食べ物を積極的に食事に摂りいれましょう。

     

  • 衣服
  • 体を締め付けるような服は血行やリンパの流れを滞らせる原因となります。
    ゆったりとリラックスできる服装でむくみの原因となる血流の悪化を防ぎましょう。

     

  • そのほか
  • 就寝時に、足の下にクッションなどを入れて足の高さを上げてあげるだけで、水分が足にたまりにくくなり、むくみを軽減することができます。

 

 

 

妊娠高血圧症候群とむくみの関係

妊娠20週から出産後12週までの時期に高血圧がみられる場合、あるいは高血圧とたんぱく尿のいずれも見られる場合、妊娠高血圧症候群の診断定義に当てはまります。
この疾患の診断症状として、以前は「むくみ(浮腫)」もありましたが、2005年に診断基準として除外されました。

 

妊娠中期、後期にみられるむくみは一般的にみられることが多いため、心配しすぎる必要はありません。
ただし、高血圧を伴うむくみの場合、妊娠高血圧症候群の疑いがありますので、むくみ以外の気になる症状がある場合はかかりつけの医師に相談しましょう。