足のむくみに悩んでいる方へ

寝る前にふくらはぎに貼るだけ!足のむくみスッキリの裏技とは?

寝る前にふくらはぎに貼るだけ!足のむくみスッキリの裏技とは?

夕方になると足がパンパンでだるい、朝から履いていた靴がきつくなるなど、足のむくみで悩む女性は多いものです。むくみ過ぎると足が太くなるだけでなく痛みを感じることもあり、ツラい悩みのひとつですよね。
またむくみを放っておくと、老廃物が溜まって肌表面がでこぼこになるセルライトができてしまったり、慢性化してなかなか治りにくくなってしまったりします。

 

そんなむくみの悩みの解消に効果があると評判なのが、夜に貼って寝るだけの「薬草genki21樹液シート」なんです。しかも足裏ではなく、ふくらはぎに貼るのがおすすめなんだとか。
薬草genki21樹液シートを貼るだけでむくみが解消されるのならば、こんなにうれしいことはありませんよね。ここでは、どのように薬草genki21樹液シートがむくみに効果的なのかについて説明しています。

 

足がむくんだりだるかったりするのはなぜ?

足のむくみやだるさの原因は、血流が悪くなり余分な水分が排出されないことです。心臓から送り出された血液は以下のように流れていきます。

 

  1. 動脈を通り、細胞に酸素と栄養分を届ける
  2. 届け終わると、二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを回収する
  3. 静脈を通って心臓に戻る

 

通常ならばふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たし血液の循環を手助けし、余分な水分は静脈やリンパ管を通って流れていきます。しかし以下のような原因で、血液がスムーズに流れないことでむくみが発生してしまうのです。

 

  • 長時間にわたる同じ姿勢
  • 冷え
  • 筋力の低下

などが大きな原因です。
長時間おなじ姿勢でいると筋肉が凝り固まってしまい、血管を圧迫し血液の流れが悪くなってしまいます。また現代では冬だけでなく夏もエアコンなどで体が冷えてしまうことが多く、年間を通して血液の流れを悪くしてしまいます。

 

つまり足のむくみは、血液の流れをよくすることがもっとも効果的な解消方法だといえるでしょう。
それでは薬草genki21樹液シートで血行促進の効果は感じられるのでしょうか?

 

薬草genki21樹液シートをふくらはぎに貼る

一般的に「樹液シート」と聞くと足裏に貼るものですが、薬草genki21樹液シートの場合患部に直接貼るのもおすすめなんだそうです。それはいったいなぜでしょうか?

 

遠赤外線効果で血行促進

薬草genki21樹液シートには遠赤外線効果があり、患部をじんわりと温め血行を促進してくれます。実際に貼って寝た人から、「ぽかぽかと温まって気持ちがよい」という口コミが多く寄せられているんです。
もちろん足裏に貼っても温まります。しかし血液循環の手助けをするポンプの役目をしてくれるふくらはぎを直接温める方が、血行促進の効果が高まるので更におすすめです。

 

マイナスイオンでリラックス安眠

実は薬草genki21樹液シートを貼ることでマイナスイオンが発生し、寝ている間のアルファ波の数値が大きくアップするんだそうです。
つまり体も脳もリラックスした状態となり、ぐっすりと眠れるということ。睡眠不足もむくみの大敵です。
寝ている間は横になっているためリンパ管の流れも遮られることがなく、むくみ解消には必要な時間。睡眠不足だと、新陳代謝もうまく行われず余分な水分も溜まったままになってしまいます。

 

テラヘルツ波で新陳代謝もスムーズに

テラヘルツ波とは1秒間に1兆回振動する電磁波のこと。テラヘルツ波には細胞に働きかけて新陳代謝を促し、老廃物を排出する効果もあるといわれているので、余分な水分もスムーズに排出できます。

 

薬草genki21樹液シートで足すっきり!

足のむくみの原因は血行が悪くなり、余分な水分がきちんと排出されないことです。同じ姿勢で長時間いることや冷えが大きく関係しています。
薬草genki21樹液シートでのケアとあわせて行いたいのが、血液の循環を促すマッサージやツボ押し、足を高く上げてねる足枕などです。またふくらはぎのポンプ機能を向上させるために、適度な運動もおすすめ。
またふくらはぎと足裏の両方に貼ると、より高い効果も期待できそうです。むくみに悩んでいるなら、薬草genki21樹液シートで手軽に足すっきりしませんか?